お知らせ・店主ブログ

【ブログ】今だから知りたい新茶と古茶(こちゃ)のおはなし

こんにちは。網代園のあさみです。

すっかり、春めいてまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

いろいろな植物が芽吹く頃、お茶も柔らかい新芽を出し始めています。

 

 

そもそも新茶って何?

新茶とは、その年の最初に生育した新芽でつくったお茶のこと。

冬の間、じっくり養分を蓄えた茶葉には栄養が豊富に含まれており、
「新茶を飲むと一年間無病息災で過ごせる」という言い伝えがあるほど。

縁起が良いので、贈答品やお土産としてもおススメです。

少し高め(80℃ぐらい)の湯温で淹れると、
新茶らしい、青々としたフレッシュな香りが楽しめますよ。

 

  

新茶はいつごろから販売される?

新茶の収穫は、九州など温暖な地域から始まり
桜前線と同様、徐々に北上していきます。

童謡 『茶つみ』に
♪ 夏も近づく八十八夜 ~ という歌詞がありますね。

八十八夜は、立春から数えて88日目(毎年5月2日ごろ)のこと。
季節が春から夏へ移り変わる、4月中旬~5月中旬ごろが
新茶のシーズンといえるでしょう。

しかし、ひとくちに新茶といっても
産地・品種・入荷時期などによって、味や香りは大きく異なります。

普段お茶屋は、
香りのよいもの・味のよいもの・水色のよいものなど
さまざまな特色をもつお茶っぱをブレンドし、“ その店の味 “ に仕上げますが
この時期だけは早さが勝負。
どの店も入荷次第、店頭へ並べるからです。

「新茶ならどれも同じ」と、一度にたくさん購入してしまうのは
ちょっぴりもったいないかもしれません。

できれば少量ずつお買い求めいただき、
あなたのお口に合う新茶を探してみてください。

 

古いお茶は飲まないほうがいい?

新茶が販売されると、
去年のお茶=古茶(こちゃ)はおいしくなくなってしまうのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
古茶って、実はとってもおいしいんです。

千利休も徳川将軍家も、新茶を味わったのは秋になってから。
新茶は、ひと夏保存すると旨みが増すといわれ
かの家康公は、宇治で採れた新茶を
秋までお茶蔵で保存させていました。

新茶の新鮮で強い味わいとは対照的に、
古茶は、じっくりと旨みを楽しむものなんですね。

現在は、冷温貯蔵・真空窒素充填などの技術が発展し、
新茶と区別がつかないような古茶が流通しています。

落ち着いた味わいを堪能したいときは
あえて古茶を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

わざわざ古茶を勧めるなんて、変わり者のお茶屋ですが
いろいろな味や香りを楽しめるのも今だけ。

普段はペットボトル派・ティーバッグ派という方も、
よければ急須を使って、季節の味を楽しんでみてください。

皆さま、すてきな “ お茶時間 “ を。